Goals

有機農業の継続

Sorganicは「有機農家さまが、有機農業を安心して続けられる社会」をGolas(目的)にしています。

有機認定を取得している農家さまの割合は全体でわずか0.4%と、先進国の中でも圧倒的に低い水準です(2019年3月31日現在)

その理由は、日本は国土が狭いため、自分の農場だけでなく近隣農家の協力が必要になるからです。有機農家さんは、近隣農家が農薬や化学肥料を使っていた場合、農薬や化学肥料が自分の農場に流れてこないように対策を取らなければなりません。

また、アジア全体の気候は病害虫の発生しやすい環境であることや、後継者不足なども挙げられます。有機農業はただでさえ農作業に制約があるのにも関わらず、日々の記録などの事務作業もあり、有機農家さんの負担はとても大きいです。有機認定を取得するのにも費用が掛かり、生産性の面から止むを得ず継続ができない方も少なくありません。

しかしSorganicは、”有機”そのものが認知されていないことも大きな原因の1つだと考えています。Sorganicはお客様に”有機”を知ってもらい、有機農家さんが正しく評価される社会を目指します。

有機農業を安心して継続することで、他の農家さんも有機認定が取りやすい社会作りを目的としています。

>あなたに、本当のオーガニックを

あなたに、本当のオーガニックを

【Sorganic】は有機JAS農家を応援します!!